妙珖寺について

紫の花

妙珖寺の寺歴

外観

大正8年

開山勝源院日コウ上人が叔父勝本院日泉上人の門に入り苦修練行

昭和29年

新寺を中央区南8条西12丁目に建立(土地50坪6畳2間)

昭和50年

東区東苗穂に移転(300坪の境内地寄進により)

昭和51年

堂宇が完成(建坪200坪)

昭和62年

日コウ上人の遷化により勝典院第二世の法灯を継承

平成 5年

納骨堂を再建(208坪の新本堂会館)

平成17年

現在地(東区北22条東1丁目1-10)に移転

土地850坪、建坪563坪の堂宇を建立

御守護神のご案内

白竜王神

白竜王神

霊験あらたかな竜神様

慈母水子観音

慈母水子観音

水子供養の観音様

鬼子母尊神

鬼子母尊神

子育ての神様